【レビュー】DELL 14型ノートパソコン New Inspiron 14 5000 プレミアム (即納モデル)

【レビュー】DELL 14型ノートパソコン New Inspiron 14 5000 プレミアム (即納モデル)

DELL 14型ノートパソコン New Inspiron 14 5000 プレミアム

DELLの格安&高性能14型ノートパソコン(配送料込で約8万円*)を購入しました。

New Inspiron 14 5000 (5480) プレミアム*の即納モデルです。

即納モデルなので注文から3日後に届きました。

※2019年4月時点の価格
※Core i5-8265U、メモリ8GB、UHD Graphics 620

外装箱

外装箱

外装箱のサイズは横39cm、縦36cm、厚さ6cmでした。

箱を開ける

箱を開ける

箱を開けると最初に電源ケーブルが入っています。

電源ケーブル

電源ケーブルとACアダプタ

ACアダプタのサイズは縦9cm、横3.5cm、厚さ2.5cmです。

電源ケーブル コンセント側

電源ケーブル ACアダプタ側

2つをくっ付けて使います。

ノートパソコンを取り出す

外装箱から電源ケーブルを取り出す

電源ケーブルを取り出すと、ノートパソコンが固定されて入っています。

ノートパソコンを取り出す

固定材を取る

固定材とビニールシートに包まれている簡易梱包です。

付属の各紙

付属の各紙

左からノートパソコンの各種ボタンの説明書、安全および認可機関に関する情報、デルお問い合わせ窓口のご案内です。

ノートパソコン本体 天板

ノートパソコン本体

指紋が目立ちにくいシルバー色のサラサラした肌触りで、丸みを帯びたデザインで愛着が持てます。

中央のDELLマークは鏡のように反射するタイプです。

底面

底面

吸気口が奥側に付いていて、ゴム足が手前に2つと奥に黒い部分(ヒンジ部分と同色)が1箇所あります。

サイド左側

サイド左側

左から電源ケーブルの差込口、USB 3.1 Gen 1 Type-C(DisplayPort、電源供給)、HDMI、USB 3.1 Gen 1×2、イヤホンジャックです。

USB 3.1 Gen 1(旧名称USB 3.0)なので、USB 2.0に比べて約10倍のデータ転送速度になるみたいです。

サイド右側

サイド右側

左からSDカード、USB 2.0、有線LAN接続口、セキュリティスロットです。

有線LAN接続口

有線LAN接続口は、下に押しながら接続するタイプです。

ディスプレイ画面

ディスプレイ画面

横31cmと縦17.5cmサイズの14インチ画面です。

反射しないタイプで映り込みがほとんどありません。

角度によっては映り込み発生

極端な角度から見ると映り込みが少しあります。

キーボード

キーボード

キーピッチは横1.9cm、縦1.8cmで、バックライトはありません。

10キーが無いので見た目がスッキリしています。

キー同士がくっ付いている

バックスペースキーの幅が1cmで小さめですが、慣れてくれば特に問題はないと思います。

キートップ

キートップはサラサラしていて、カチャカチャとトストスの中間あたりの打鍵感があります。

タッチパッド

タッチパッド

タッチパッドもサラサラで、横11.5cm、縦6.5cmサイズです。

パームレスト

パームレスト

パームレスト(キーボード周辺含む)はツルツルで、汗をかいても変色しにくそうです。

パームレストと底面

キーボードとパームレスト周辺の縁は、天板側の外側と比べて鋭利で角ばっていますが、思ったほど気にならず違和感なく普通に使えました。

排気口

排気口

排気口はヒンジの近くにあります。

動画視聴の負担

動画視聴の負担 通常

ブラウザなど全て閉じて何も使用していない状態ですが、メモリが50%使用されています。

1080p動画

1080p動画

CPUが約10%に上がりました。

ファンは回らず静かです。

4K動画

4K動画

CPUとGPUが約20%に上がりました。

たまにファンが回る時があります。

8K動画

8K動画

CPUは約37%ぐらいですが、GPUが100%に近いです。

ファンが回り続けるため、パソコンの寿命を縮めそうです。

3Dゲームの負担

3Dゲームの負担

CPUは約45%でGPUが約75%ぐらい上がりました。

こちらもファンが回り続けます。

※ドラゴンクエスト10のベンチマークソフトで確認

ドラクエ10のベンチマークテスト

快適と評価されましたがファンが回り続けるため、快適な動作はできても快適な環境ではできないと思います。

14型は150%表示が推奨

150%と100%表示のサイズはほぼ変わりませんが、150%の方が字が綺麗に見えやすいです。

※字が綺麗な150%推奨のモニターでテキストなどを保存しても、100%推奨のモニターで保存したテキストを見ると字は粗く見えます。

メモ帳

↓100%表示の21型モニター

メモ帳100%表示

↓150%表示の14型ノートパソコン

メモ帳150%表示

ブラウザ

↓100%表示の21型モニター

ブログ100%表示

↓150%表示の14型ノートパソコン

ブログ150%表示

感想

個人設定でライセンス認証されていないと表示されたので、その表示ページ内にあるトラブルシューティングをクリックしたら認証できました。

10キーありの15型ノートパソコンから10キー無しの14型ノートパソコンに変更して、キーボードの見た目がスッキリしたのと、コンパクトサイズで手で持ちやすくなりました。

片手では開けられない仕様のかわりに、ヒンジが安物感のない丈夫な作りになっています。

また、画面の発色が良くて画像や動画の色合いが綺麗に見えます。

Windows7からWindows10にアップグレードした旧ノートパソコンは、動画の視聴中にフリーズが多かったですが、今回購入したノートパソコンでは今のところ1回もフリーズがありません。

ただ、150%表示が推奨なので、100%表示推奨の15型などを使っていた方は違和感があるかもしれません。また使用するソフトによっては字が粗く表示されます。

動画を視聴するとキーボード左上が温かくて底面の左上が厚くなる場合があり、吸気口も塞ぐ膝上や布団の上で使用するのは危険なので注意しましょう。

GPUがオンボードなので高負担な3Dゲームなどをしたい方は、NVIDIA GeForceなどのGPU搭載モデルを選んだ方が良いです。

あとは、キーボードのバックスペースキーが小さめで打ち間違いがたまにありますが、価格と性能のことを考えるとコストパフォーマンスが良くて満足しています。

バックスペースキーの小ささが気になる方は、他メーカーのノートパソコンを検討するのも良いでしょう。

気になるところは少しありますが、主にネットサーフィンや動画視聴が目的でコストパフォーマンスに優れた持ち運びもしやすい14型ノートパソコンが欲しい方におすすめです。

※YahooショッピングにDELL公式ショップ無し(2019/4/27時点)