ドコモ 新プラン(ベーシックパック)と旧プランを比較

ドコモ 新プラン(ベーシックパック)と旧プランを比較

ドコモ  新プラン(ベーシックパック)と旧プランを比較

2018年5月25日から、新パケットパックである「ベーシックパック」と「ベーシックシェアパック」の新規受付が開始しました。

旧パケットパックである「データパックS」や「データパックM」、「シェアパック」の新規受付は終了になります。

現在、旧パケットパックを利用しているユーザーが「ベーシックパック」にすると、どれぐらいお得なのか比較してみました。

スポンサーリンク

ベーシックパックとは

データ通信を使用した分だけ支払うサービスです。

今まではシェアプランのみで一人では利用できなかったシンプルプラン(980円=家庭内の通話無料)も利用可能です。

※980円は2年定期契約ありの料金です(2年定期契約なしは2,480円)

データ通信量 料金
~1GB 2,900円
(-200円)
~3GB 4,000円
(-600円)
~5GB 5,000円
(-800円)
~20GB 7,000円
(-800円)

※()=15年以上継続中の方

データ量をメールでお知らせ

データ通信量が次の段階まで、残り約200MBになるとメールでお知らせしてくれます。

1GBに到達するまで残り200MBになるとメールが来るということです。

20GBを超えるとデータ通信の速度制限がかかります。

最安値の料金プラン

旧プラン=カケホーダイライトプラン+データパックS
新プラン=シンプルプラン+ベーシックパック

カケホーダイライトプラン
データパックS
シンプルプラン
ベーシックパック
基本プラン 1,700円 980円
通話料 5分以内の通話料無料
20円/30秒(5分超過)
家庭内の通話料無料
20円/30秒
SPモード 300円 300円
パケットパック 3,500円
(-600円)
2,900円~7,000円
(-200円~-800円)
データ通信量 2GB 1GB~20GB
合計 5,500円
(4,900円)
4,180円~8,280円
(3,980円~7,480円)

※()=15年以上継続中の方

SPモードは、インターネットを利用するのに必要です。

差額は、1,320円(通話時間=約33分)になりました。

通話を受けることが多い方やほとんど家庭内通話しかしないという方で、データ通信が毎月1GB以下の方は新プランの方がお得です。

データパックMの場合

旧プラン=カケホーダイライトプラン+データパックM
新プラン=シンプルプラン+ベーシックパック

カケホーダイライトプラン
データパックM
シンプルプラン
ベーシックパック
基本プラン 1,700円 980円
通話料 5分以内の通話料無料
20円/30秒(5分超過)
家庭内の通話料無料
20円/30秒
SPモード 300円 300円
パケットパック 5,000円
(-800円)
2,900円~7,000円
(-200円~-800円)
~5GB=5,000円
(-800円)
データ通信量 5GB
(パケット繰越可)
1GB~20GB
合計 7,000円
(6,200円)
4,180円~8,280円
(3,980円~7,480円)
~5GB=6,280円
(5,480円)

※()=15年以上継続中の方

差額は、720円(通話時間=約18分)になりました。

ほとんど家庭内通話しか使用せず、データ通信が毎月5GB以下という方は新プランの方が少しお得です。

ウルトラデータLパックの場合

旧プラン=カケホーダイライトプラン+ウルトラデータLパック
新プラン=シンプルプラン+ベーシックパック

カケホーダイライトプラン
ウルトラデータLパック
シンプルプラン
ベーシックパック
基本プラン 1,700円 980円
通話料 5分以内の通話料無料
20円/30秒(5分超過)
家庭内の通話料無料
20円/30秒
SPモード 300円 300円
パケットパック 6,000円
(-800円)
2,900円~7,000円
(-200円~-800円)
データ通信量 20GB
(パケット繰越可)
1GB~20GB
合計 8,000円
(7,200円)
4,180円~8,280円
(3,980円~7,480円)

※()=15年以上継続中の方

差額は、280円になりました。

基本プランが同じ場合は差額が1,000円で、パケット繰り越しもできるウルトラデータLパックの旧プランの方がお得です。

まとめ

家族以外の通話が多い方は、新パケットパックも旧パケットパック同様に、カケホーダイライトプランやカケホーダイプラン(2,700円=国内通話が24時間無料)を利用できます。

毎月のデータ通信が2GB、5GB、20GBという方は、新パケットパックに変えないで定額料金の旧パケットパックのままの方が良いでしょう。

新パケットパックは2GBの段階は無く、2GB使用すると3GBの料金になるので、新パケットパックで2GB使用したら料金が1,100円増えることになります。

5GB(データパックM)は同じ料金ですが、新パケットパックはパケット繰り越しが無いので、あまりお得ではありません。

20GB(ウルトラデータLパック)は、新パケットパックはパケット繰り越しが無く20GB使用すると料金が1,000円高くなります。

毎月のデータ通信量が1GB以下の方や家庭内通話がメインという方は、新パケットパックに変更した方がお得になると思います。