dTV(ディーティービー)のレビュー

dTV

dTVに見たい海外ドラマがあったので入会しました。

dTVとは

dTVは、エイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスである。2015年4月21日までの旧名称はdビデオ powered by BeeTV。

dTV (NTTドコモ) 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』最終更新 2018年12月10日 (月) 14:06、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/DTV_(NTT%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A2)

ドコモが提供していますが、ドコモ会員のdTVが割引になるサービスは今のところ無いです。※dTVチャンネルを除く

料金

  • 月額500円(税抜)
  • レンタル1本=300円~700円(税抜)
  • 月額500円(税抜)+780円(税抜)

dTVのみの場合は、月額500円(税抜)の1プランと、個別課金のレンタルがあります。

780円(税抜)は、CS放送で人気の専門チャンネル(映画・ドラマ・アニメ・音楽など)が見れるdTVチャンネルの料金です。

おすすめ作品

  • 国内ドラマ(再放送)
  • dTVオリジナル作品

dTVは国内運営ということもあり、国内ドラマ(再放送)はAmazonプライムビデオではレンタルの作品も、dTVでは見放題になっている作品が多いです。

dTVオリジナル作品も配信しており、ほぼ国内作品になります。

海外ドラマや洋画については、AmazonプライムビデオHuluで配信していない作品が一部あるぐらいです。

その他の特長

  • クリップ
  • 作品を評価できる

クリップは、Amazonプライムビデオのウォッチリストのように見たい作品を一覧でまとめられる機能です。

星マークで作品に評価もできます。

画質

Wikipediaによると下記のとおりです。

画質としては、ふつう(200kbps)、きれい(500kbps)、すごくきれい(480p, 1.2 – 1.5Mbps)、HD(720p, 2013年5月15日より提供)の4パターンがある。

dTV (NTTドコモ) 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』最終更新 2018年12月10日 (月) 14:06、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/DTV_(NTT%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A2)

dTVは、他の動画配信サービスと同じく画質を自動調整していますが、Amazonプライムビデオにある1080p HD画質は無く、最高720pと思われます。

実際、テレビでdTVの洋画を見ると少し画質が悪いのが分かります。

パソコンやタブレット、スマートフォンなどテレビより小さい画面、また海外ドラマは洋画より画質の悪さは目立ちにくく普通に見れます。

マルチデバイス対応

テレビ(スマートテレビ)やパソコン、スマートフォンなど様々な機種に対応しています。

スマートフォンとタブレット端末はダウンロード可能です。Wi-Fi接続時などにダウンロードしておけば動画の視聴時に通信量が発生しないです。

感想・まとめ

UIについては自動再生以外は特に問題なく、シンプルで分かりやすく使いやすいです。レンタルも少し混じっていますが、課金マークが付いて分かりやすいです。

国内運営ということもあり国内ドラマや邦画に強く、国内ドラマの再放送や見逃し配信、オリジナルの国内作品を多く配信しています。

海外ドラマや洋画も、他の動画配信サービスで配信していない作品が一部あります。

しかし、月額500円でAmazonプライムビデオに次ぐ安さですが、画質が最高HD(720p)というのが気になるところで、テレビで洋画などを見ると画質の粗さが少し気になるかもしれません。

海外ドラマは、テレビでの視聴時はあまり気になることは無く、普通に見れる画質ではあります。

少し気になる点はありますが、国内ドラマやdTVオリジナル作品(国内作品)、海外ドラマを視聴したい方におすすめの動画配信サービスです。

公式サイト dTV

退会方法

メニューのアカウント→退会→ページ下の「利用規約に同意し、解約する」(メールサービスを停止する場合はチェックを外す)→dアカウントにログイン→dTVの注意事項を読む、同意するにチェック→次へ→次へ→手続きを完了する

※dTVアプリからの退会はできません(インターネットでdTVの公式サイトにアクセスしログインして退会します)