パソコンのHDDを復元できないように物理破壊して処分する

パソコンのHDDを復元できないように物理破壊して処分する

パソコンのHDDを復元できないように物理破壊して処分する

デスクトップパソコンやノートパソコンのHDDを、復元できないように物理破壊して処分する方法です。

パソコンを処分する時に、データを初期化しただけでは復元される可能性があります。

業者に頼んでデータを復元できないように削除してもらえば良いですが、お金がかかるので今回は自分で物理破壊して処分することにしました。

スポンサーリンク

3.5インチと2.5インチ

3.5インチと2.5インチ

デスクトップパソコンのHDDは3.5インチ、ノートパソコンのHDDは2.5インチで、デスクトップのHDDの方がサイズが大きいです。

プレイステーションなども3.5インチになります。

トルクスドライバーを使用

トルクスドライバーを使用

ネジは星型のトルクスネジが使用されている場合が多く、たまに小さいサイズのプラスネジが使用されています。

今回は、
3.5インチ=T8サイズ
2.5インチ=T6サイズ、T4サイズ
のトルクスドライバーを使用しました。

アネックスのT型ドライバーを購入

アネックスのT型ドライバーを購入

新潟県の兼古製作所という会社のブランド、アネックス(日本製)のトルクスドライバーを単品購入しました。

サイズが心配な方は、多数のサイズがセットになっているタイプを購入した方が良いでしょう。

キャップ?みたいので保管

キャップ?みたいので保管

最初からついているキャップ?を付けて保管しています。

他の物との干渉が気になる方は、工具箱を別途購入した方が良いと思います。

磁石機能は微妙

磁石機能は微妙

ネジの種類によって先端に付くネジと付かないネジがあり、磁石機能は微妙になります。HDDのネジは、ほとんどが付かなかったです。

トルクスネジを外す

トルクスネジを外す

ネジとのサイズが合ったトルクスドライバーを使用して、ネジを外しフタを取ります。

T4サイズのネジは外しにくかったです。

トルクスネジを外す2

フタの隠しネジ

フタの隠しネジ

フタには隠しネジがある場合があります。

フタが開けにくい場合

フタが開けにくい場合

フタが開けにくい場合は、マイナスドライバーなどを使用して開けます。

ディスクを物理破壊する

ディスクを物理破壊する

フタを取ったらディスクを外し物理破壊します。

ディスクを物理破壊することで、データの復元ができなくなります。

ディスクを固定しているネジは、外す時にディスクが一緒に回るため、ディスクを指で固定しながらネジを外します。

ディスクは2~3枚

ディスクは2~3枚

2.5インチは2枚、3.5インチは3枚のディスクが入っています。

ディスクは2~3枚2

ディスクを割る

ディスクを割る

ディスクをニッパーなどを使用して割ります。

ディスクはガラス製なので、飛び散らないように袋の中に入れて割った方が安全です。その時に手は入れずニッパーの先端のみ袋の中に入れて袋を閉じながら割ります。

まとめ

パソコンのHDDを復元できないように、ディスクを割って物理破壊しました。

あとはHDDのネジを全て外し、地域ゴミの処分方法に沿って捨てます。

トルクスネジはサイズが微妙に違ったりして、かなり外しにくいネジがたまにあります。

今回はT4サイズを追加購入したので、最初から多数のサイズがセットになっているタイプを購入した方が良いかもしれません。