Apple iPhone 7 ブラック 32GBのレビュー

Apple iPhone 7 ブラック 32GBのレビュー

iPhone 7 ブラック 32GB

画面が小さいので、iPhone SEからiPhone 7(ブラック、32GB)に機種変更しました。

動画をたくさん取り込まないので32GBで十分です。動画が多くなったらパソコンなどに転送して、iPhoneから削除すれば残りの容量を保てます。

スポンサーリンク

箱を開封する

箱を開封する

箱を裏返しにして、上記写真のビニール部分を上に軽く引っ張り上げます。

ビニールを取る

ビニールを取る

簡単にビニールが剥がれます。

フタを開ける

フタを開ける

紙を取る

紙を取る

紙の中身

紙の中身

アップルマークのシール、SIM取り出しツール、マニュアルなどが入っています。

iPhone本体を取り出す

iPhone本体を取り出す

下部分を指でつまんで簡単に取り出せます。

iPhone本体を取り出す2

純正イヤホン&充電器&ケーブル

純正イヤホン&充電器&ケーブル

純正のイヤホン、充電器、Lightning-USBケーブルが同梱されています。

純正イヤホンの取り出し方法

純正イヤホンの取り出し方法

-の部分を引っ張り上げます。

純正イヤホンの取り出し方法2

純正のイヤホンは、イヤホンジャックからLightning端子のタイプに変更されました。

純正イヤホン交換アダプタ

純正イヤホン交換アダプタ

イヤホンの裏側に純正イヤホン交換アダプタが付いています。

iPhone 7からイヤホンを差し込むイヤホンジャックが廃止されたため、今までのイヤホンジャックのタイプを使うには、このイヤホン交換アダプタを使用します。

本体のビニールを取る

本体のビニールを取る

本体のビニールを取る2

iPhone 7の表面

iPhone 7の表面

グレア液晶で映り込みがあります。

映り込みは、画面を表示しておけば気になりません。

iPhone 7の裏面

iPhone 7の裏面

光沢が無いマットな質感で、傷や指紋が目立ちにくいです。

サイレントスイッチ&音量ボタン

サイレントスイッチ&音量ボタン

左側に、サイレントスイッチと音量ボタンが付いています。

サイレントスイッチは、着信音と通知音をミュートにして振動だけに変更できます。音楽などはミュートにならないため、音量ボタンで調節します。

電源ボタン

電源ボタン

iPhone SEは上部分にありましたが、iPhone 7は右側にあります。

ボタンの出っ張りが少なく真ん中より上にボタンがあるため、iPhoneを握った時の誤動作が少ないです。

Lightning端子&スピーカー

Lightning端子&スピーカー

下部分にLightning端子とスピーカーがあります。

通話をする時に耳をあてる受話口の部分も、音楽が流れるスピーカーになっています。

SIMカードの取り出し&交換

SIMカードの取り出し&交換

右側の電源ボタン下に、SIMカードを入れる交換アダプタが付いています。

付属のSIM取り出しツールを強めに差し込みます。

iPhone SEとの比較

iPhone SEとの比較

一回り大きく、手から落としそうな不安も増えました。

iPhone SEとの画面比較

iPhone SEとの画面比較

フルキーボードを使用しているので、iPhone SEだと押し間違えが多かったですが、iPhone 7に変更して押し間違えが少なくなりました。

感想

iPhone SEからiPhone 7に変更して、手から落としそうな不安が増えましたが、画面が大きくなって見やすくなり、キーボードの押し間違えも少なくなって満足しています。

ただ、iPhone SEのコンパクト感も良かったため、4.3インチぐらいのタイプ、もしくはiPhone SEと同サイズで横幅がある液晶のタイプを販売してほしいです。

国内メーカー&Androidのスマホについては、今のところiPhoneから変えることは考えておらず、iPhoneの丸みがあるボディと、左右どちらの指でも簡単に指紋認証ができる、側面のボタンが上部に合って誤動作が少ない部分を参考にしてほしいと思います。

追記

使用してから1ヶ月ぐらい経ちましたが、iPhone7の4.7インチのサイズに慣れました。

4.7インチからiPhone SEの4.0インチに戻したら、かなり画面が小さいと思うので、これからは4.7インチぐらいのサイズのスマホを使用していきたいと思います。