自宅で筋トレを長く続ける方法

自宅で筋トレを長く続ける方法

自宅で筋トレを長く続ける方法

自分が実践している自宅で筋トレを長い期間続ける方法を紹介します。

これから紹介する方法は、短期間で筋肉を増大したい方や効果を求める方には向いていません。

長い期間をかけて少しずつ筋力をアップしたい方や体型をキープしたい方に向いている方法だと思います。

いきなり筋トレをすると怪我をする可能性があるため、筋トレを始める前に柔軟体操やストレッチを軽くした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

1セットのみにする

1セットのみにする

各パーツや種目を2セットや3セット行うと時間がかかり、きついため長続きしにくいです。

1セットのみにすれば時間がかからないので、きつい筋トレも長続きしやすいと思います。

時間をかけ過ぎない

自宅で一人で筋トレを長い時間かけるとキツく長続きしなかったり、集中力が無くなり中途半端な筋トレで終わってしまう場合があります。

各種目1セットのみにして筋トレ時間を短縮し、集中して筋トレを行った方が時間がかからず長続きしやいと思います。

限界一歩手前まで追い込む

限界一歩手前まで追い込む

筋力を最大限にアップするためには、筋トレの翌日ぐらいに筋肉痛にならないと筋力はアップしにくいです。

筋肉痛になることで筋肉が傷つき、その筋肉を修復をしようと超回復という現象が起こり筋力がアップします。

筋肉痛にならなかった場合でも一定の効果はあるため、無理して追い込む必要はありません。

また、限界まで追い込むときついので、もう上がらないかなと思ったらストップしましょう。それでも翌日に筋肉痛になる時もあります。

海外ドラマを見る

海外ドラマを見る

外国人は筋肉質の方が多く、あの俳優みたいに格好良くなりたい、あの女優みたいに綺麗になりたいと、海外ドラマを見ることでモチベーションを持続できます。

インターバルを付ける

インターバルを付ける

1セット行ったらインターバル(休憩時間)を付けましょう。

腕立てをしたら1分休憩して次の種目を行うといった感じです。

休憩なしに連続で行うと、酸欠になって気持ち悪くなり吐き気がする場合があります。

まとめ

自宅での筋トレ時の集中力と筋トレを長く続けるため、時間をかけないように各種目1セットのみ行い、効果を上げるため限界一歩手前まで追い込み、海外ドラマを見てモチベーションを持続しましょう。

短い期間で効果を上げたい方や筋力を増大したい方は、器具やマシンが揃っているジムに行った方が効果が出やすいと思います。