ミズノ ウォーキングシューズ OD100GTX 7のレビュー

ミズノ ウォーキングシューズ OD100GTX 7のレビュー

箱を開ける

ミズノのウォーキングシューズOD100GTX 7 ブラウン [メンズ] (現行モデル)を通販で購入しました。

スポンサーリンク

箱を開ける

箱のふたを開ける

白い紙に包まれています。

箱から出す

箱から出す

詰め物を取る

靴の中に取扱説明書と型崩れ防止の紙の詰め物が入っています。

タグ類

タグ類

お手入れ方法などが記載された取扱説明書の他に、価格のタグと取り扱い上の注意などが記載されているタグ、GORE-TEXと記載されているタグが付いていました。

GORE-TEX(ゴアテックス)とは

ゴアテックスは、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE、テフロン)を延伸加工したePTFEフィルムとポリウレタンポリマーを複合化して作る。1969年にボブ・ゴアが、PTFEを用いた低コストなシールテープを作るための実験の中で、押し出しPTFEを急速に大きく延伸させることに成功した。 1平方センチメートルに14億個の微細な孔を含む。その最大の特徴は、防水性と透湿性を両立させていることにある。つまり、水蒸気は通すが雨は通さない。通常、ナイロンなどの生地でゴアテックスを挟んで使用するが、表面生地の撥水性が落ちたり完全に水没している場合は、表面に水の膜ができるため、水蒸気を通さなくなり蒸れてしまうので注意が必要である。
ゴアテックス製品にはすべて、黒いタグがつけられる。これは厳しい品質基準によって作られたことを保証するためのものである。
ゴアテックス 『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』最終更新 2018年10月14日 (日) 19:49、URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

水蒸気は通して雨を通さない素材で、防水性と透湿性を両立しています。

靴の見た目

靴の見た目

ミズノ ウォーキングシューズ OD100GTX 7

ややゆったり目の靴幅です。

斜め上

斜め上

サイド(外側)

サイド(外側)

厚底の高さは約4cmぐらいです。

ゴアテックスのマーク

ゴアテックスのマークが付いています。

サイド(内側)

サイド(内側)

かかと

かかと

靴の中

靴の中

かかとの足首に近い部分周辺に少し膨らみがあって、かかとが脱げにくいようになっています。

靴ひも

靴ひも

上部分まで靴ひもを結べる

足首部分まで靴ひもを結べます。

靴の裏面

靴の裏面

通常のラバーより耐磨耗性が約80%高いアウトソール素材「X10」を使用しているようです。

イージースターと比較

左が旧モデルのイージースター2で、右が今回購入した靴です。

※同じサイズです。

イージースターと比較

裏面の比較

サイドの比較

イージースターより靴にボリュームがあります。

履いてみて靴の中のサイズ感は同じでした。

まとめ

イージースターが軽いということもありますが、今回購入した靴は少し重みがあります。

その分、雨などの防水性に優れています。

歩いてみて最初はつま先部分に負担があり、慣れてくれば特に問題はないと思います。

通販で購入して見てサイズが少し不安でしたが、過去に購入したイージースターとほぼ同サイズで良かったです。