【レビュー】パナソニック バリカン カットモード 交流式 緑 ER511P-G

【レビュー】パナソニック バリカン カットモード 交流式 緑 ER511P-G

Panasonicの毛くず吸引タイプのバリカンを購入しました。

髪を切る長さを調整するアタッチメント6個付きで、充電不要の電源アダプターで使えます。

スポンサーリンク

箱を開封

箱を開封

収納ケース

収納ケースに入っています。

ファスナー

ファスナーで開閉します。

ケースの中身

収納ケースの中に全て入っています。

本体&付属品

ケースの中身2

・本体(直刃1mm以下)

・アダプター&器具用プラグ

掃除用ブラシ

掃除用ブラシ

・掃除用ブラシ

サイズは、約7cm(毛は1.5cm)です。

オイル

オイル

・オイル

器具用プラグの下に入っています。

使用前に刃の部分に必ず注油します。※刃のお手入れ参照、注油しないと髪を引っ張り肌を傷つける可能性があります

各アタッチメント

各アタッチメント

・スライドアタッチメント(50mm~80mm)
・スライドアタッチメント(10mm~40mm)
・刈り高さアタッチメント(15mm/18mm)
・刈り高さアタッチメント(9mm/12mm)
・刈り高さアタッチメント(3mm/6mm)
・スキ刈りアタッチメント(髪をすく)

取扱説明書、テクニックBOOK

取扱説明書など

・取扱説明書
・テクニックBOOK
・使いかた

テクニックBOOKには下記のように載せてあります。

Papa(お父さん)
・ショートレイヤー(長め)
・ショートカット(長め)
・ショートカット(刈り上げ)
・ベリーショート

Grandpa(おじいちゃん)
・ショートカット
・ショートカット(刈り上げ)

Boy(男の子)
・スポーツカット
・ベリーショート

Girl(女の子)
・フロントカット
・ミディアムカット

※取扱説明書もショートヘアー、刈り上げヘアー、ベリーショートヘアー、80mmよりも長いヘアースタイルが記載されています

バリカン本体

バリカン本体

サイズは、縦幅が約22.5cm、横幅が約6cm~4.5cm、厚み約6cm~4cmぐらいです。※アタッチメント除く

持ち手の部分に厚みがあります。

裏面

裏面

※最初は毛くず収納カバーの部分にテープが貼ってあります

サイド面

サイド面(右側)

サイド面(左側)

左側にスイッチと刈り高さがあります。

スライドアタッチメントを外す

スライドアタッチメントを外す

スライドアタッチメントを動かす&外す時は、スイッチをoffにします。

スイッチON状態ではロックされて動かない仕様です。

アタッチメント

アタッチメントを外す2

カットの長さは、矢印に合わせて調節します。

刃

刃の端は丸くなっています。

直刃の長さは1mm以下で、もみ上げ&スソのキワ&耳周りのそろえ、ウブ毛剃りなどに使えます。

刈り高さアタッチメントを取り付ける

刈り高さアタッチメントを取り付ける

刈り高さアタッチメントは、前後で長さが変わります。

取り付ける時は、丸い部分に合わせてはめ込みます。

刈り高さアタッチメント

刈り高さアタッチメント2

スキ刈りアタッチメントを取り付ける

スキ刈りアタッチメントを取り付ける

スキ刈りアタッチメント(髪量を少なくする)は、髪の表面に軽く当てながら上から下へなでるように動かして使います。

スキ刈りアタッチメントを取り付ける2

電源アダプターを取り付ける

本体に電源アダプターを取り付ける

本体の吹出口(底面)に取り付けます。

電源プラグ

本体に電源アダプターを取り付ける2

毛くず飛散防止カバー(毛くず収納部)

毛くず飛散防止カバー(毛くず収納部)

カットする時は、毛くず飛散防止カバーを刃側にスライドします。

※スライドさせないで使うとカットした髪が飛散しやすいです

毛くず飛散防止カバーをスライド

毛くず飛散防止カバーをスライド2

毛くず収納部のカバーを外す

毛くず収納部のカバーを外す

カットした髪を捨てたり掃除する場合は、カバーの下部分を矢印方向にスライドさせて外します。

刃のお手入れ

刃のお手入れ

カット後は、刃の下部分もカットした毛が溜まります。

刃部分を外す

掃除用レバーもあるので押さえながら掃除します。

使用前に5箇所にオイルを注油します。

感想

吸い取るタイプなので音量はドライヤー並みでやや大きめです。

毛くず飛散防止カバーのスライドを忘れてカットすると毛が溜まらないので注意しましょう。

毛の吸い取り具合は、人の髪を切るときは約9割、セルフカットは約5割ぐらいでした。

カットした毛は毛くず収納部に貯まりますが、本体やアタッチメントにへばり付き、それを小さいブラシで掃除するのがやや面倒で時間がかかります。

セルフカットは各種アタッチメントを使用しながらカットして、床屋と比べて40点ぐらいの出来と思いました。※襟足は短め、サイドはやや短め、前髪&トップ&後頭部は普通の長さでカット

回数をこなせば、毛の吸い取り具合とカットが上手くなるかもしれません。

最初は少し長めのアタッチメントを使用して徐々に短くするのが良いでしょう。

気になる点はありますが、自宅などで髪を切りたい方や床屋代を節約したい方、通常タイプと比べて掃除を半分以上に減らしたい方などにおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました