SONY ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1のレビュー

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1のレビュー

SONY ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1の箱

ソニーのウェアラブルネックスピーカーSRS-WS1を購入しました。

音量を上げられる環境では無いため、サラウンドヘッドホンを使用していましたが、オイフォン(静かな場所で脳から聞こえる単調な高音、キーン音)が気になるので、ウェアラブルネックスピーカーに変更しました。

スポンサーリンク

箱を開ける

箱を開ける

蓋を開けると、スピーカー本体、送信機、充電台が上部分に固定されて入っています。

上部分を取り出す

上部分を取り出す

スピーカー本体が入っている上部分を取り出すと、説明書と各ケーブル、ACアダプタが入っています。

ケーブル類は一番下

ケーブル類は一番下

各ケーブルとACアダプター

各ケーブルとACアダプタ

専用オーディオケーブル、音声ケーブル、マイクロUSBケーブル×2、光デジタルケーブル、ACアダプター×2が入っています。

USB接続に対応

SONY製品では珍しくUSB接続に対応しています。

パソコンでスピーカーを充電することもできます。

専用オーディオケーブル(有線)

専用オーディオケーブルを接続

専用オーディオケーブルを使用して有線接続ができます。

スピーカー本体とパソコンのヘッドホン端子を接続して、パソコンで聞くことも可能ですが、パソコンのスピーカーも画面から近いため、あまり効果が発揮されません。

また、光デジタルケーブルに比べて、振動機能が伝わりにくい(発生しにくい)ようです。

音声ケーブル(光デジタル以外)

音声ケーブルで接続可能

テレビのヘッドホン端子と送信機に音声ケーブルで接続できるため、テレビに光デジタルケーブルが接続できない場合でも使用できます。

スピーカー本体

スピーカー本体

横幅、縦幅は約20cmぐらいです。

プラスチック部分以外の素材はやや硬めです。

スピーカー外側

スピーカー外側

SONYのロゴマークが付いています。

スピーカー内側(左)

スピーカー左側

音量ボタンのプラス・マイナス(音量調整)と音声ケーブルの接続口があります。

ボタンは押すと少し凹む感触があります。※元に戻ります

スピーカー内側(右)

スピーカー右側

電源ボタンと振動ボタンがあります。

電源ボタン

電源が入る

電源ボタンを押すと電源オン、長押しすると電源がオフになります。

電源が入ると、スピーカー後ろ部分のランプが緑色に点灯します。

振動ボタン

振動ボタン

スピーカー右側の内側に付いている振動ボタンを押すと、スピーカー右側の外側に付いている振動ランプが点灯します。

  • 消灯=弱
  • 1つ点灯=中
  • 2つ点灯=強

振動の強さによって音質も変わります。

強でも、スマホのバイブレーションより振動は強くなく、PS4コントローラーの振動機能の強さぐらいで微々たる振動です。

送信機

送信機

横幅約8cm、奥行き約4cmぐらいのサイズです。

プラスチック素材です。

送信機の接続口

送信機の接続口

左から電源ケーブル接続、光デジタルケーブル接続、音声ケーブル接続です。

HDMI接続には対応していない

HDMI接続に対応していないため、ブラビアリンクは使用できません。

テレビのリモコンでスピーカーの音量を変えたり、スピーカーまたは送信機の電源をオンオフしたりすることはできません。

また、スピーカーの電源を入れてもテレビ側の音量は変わらないため、リモコンでテレビの音量をゼロにして、スピーカーの音だけにして毎回使用しています。

送信機の電源オフ

送信機の電源オフ

送信機の電源がオフの場合は、オレンジ色に点灯します。

送信機の電源オン

送信機の電源オン

送信機の電源がオンの場合は、緑色に点灯します。

送信機の電源は自動オンオフ

送信機の電源は、スピーカー本体の電源を入れると自動で送信機の電源も入るのと、スピーカー本体の無音状態が10分以上続くと自動的に電源が切れる仕様です。

しかし、スピーカー本体の電源が切れている状態で数時間経過しても、送信機の電源が切れず入っている状態のため、電源ケーブルのコンセント(USB端子)をスピーカーの使用が終わる度に抜いています。

毎回、送信機の電源コンセントと充電台の電源コンセントのUSB端子を抜き差しして入れ替えています。

送信機の裏側

送信機の裏側

設定のリセットと、スピーカーとペアリングができるボタンがあります。

同じ送信機で、もう一台スピーカーを使用する時にペアリングで機器登録します。

充電台

充電台

充電台のサイズは、横幅約8cm、奥行き約4cmで送信機と同じぐらいのサイズです。

充電台の後ろ側

充電台の後ろ側

電源ケーブルの接続口があります。

スピーカー本体を充電する

スピーカー本体を充電する

スピーカー本体の後ろの接続部分と、充電台の接続部分を重ね合わせます。

スピーカー本体と充電台を付ける

マグネットになっているため、スピーカー本体と充電台の接続部分がくっつきます。

充電台のランプが点灯する

充電されると充電台がオレンジ色に点灯し、スピーカー本体が緑色に点滅します。

感想・まとめ

テレビのスピーカーは音が籠り聞こえにくかったですが、SRS-WS1のスピーカーは音がクリアで(特に声)聞こえやすいです。

スピーカーの位置が耳元の下で近いため、テレビのスピーカーで聞くよりは音量を(1~3段階ぐらい)上げず聞くことができます。

※1~3段階ぐらいのため、音量を上げると周りにスピーカーからの音は普通に聞こえます

映画のシーンで、映像の左右から音が発生する場面で、スピーカーの左右から音が流れ出るのが分かりやすいです。

また、ラジカセや安物のポータブルスピーカーのようなシャカシャカ音もなく、安物感の無い音で聞こえます。

振動ボタンを強にすれば、振動の強さだけではなく音質も変わり、そこそこの低音を楽しめます。

しかし、HDMI接続に対応していないのと、サブウーファー付きのホームシアターやサラウンドヘッドホンより迫力は少なく、鎖骨部分が当たる、ヒゲが中途半端に生えていると引っかかる点が気になりました。

HDMI接続に対応していないため、テレビのリモコンに連動して電源のオンオフや音量調整はできません。

サブウーファー付きのスピーカーより、重低音は少なく迫力に欠けます。音量を上げられる環境の方はサブウーファー付きのホームシアターの方が良いでしょう。

スピーカー本体の素材が硬めのため、鎖骨部分が当たって少し気になります。

ヒゲが中途半端(約2ミリ以上)に生えていると、たまにスピーカー部分に引っかかり引っ張られて痛みを感じます。ヒゲを剃れば引っかかることは無いです。

気になる点はありますが、遅延がほぼ無いのと、テレビのスピーカーより音がクリアで左右から流れ出る音が聞こえやすく、低音部分も楽しめるため総じて満足しています。

SRS-WS1は、音量をあまり上げられない環境の方やヘッドホンが苦手の方などにおすすめのアイテムです。

追記

テレビの機種によっては音量が1でも、そこそこの音がする場合がありますが、SRS-WS1は細かく音量(特に小さい音量)を調節できます。

周りに音を聞かれたくない場合に、自分だけ聞こえるようにすることも可能だと思います。
※音量を小さくしても隣に居たり同じ部屋内では聞こえるかもしれません、また音の迫力は無くなります